コーディング代行の新常識、お年寄り向けサイトづくり

現代においてコーディング代行は、多くの企業がスタンダードな選択肢として視野に入れています。HTMLの設計、CSS編集、SEO対策の強化などがメインのメニューとなりますが、同時に、代行業務のニーズはここ数年で目まぐるしく移り変わりつつあります。

刻々と変化しているのは、クライアントのニーズです。ウェブサイトというと、これまでは比較的若い年代向けのサービスというイメージがありました。企業のほうも、ネット環境をこまめに利用している顧客向けにウェブサイトを設計する、という傾向がありましたが、そういった販促戦略は日本国内において、少しずつ限界に近づいています。これからの日本でより重要視されるものは、お年寄りにとってのユーザビリティです。最近はシニア世代も日常的にネットサーフィンを楽しむ方が増えつつあり、ECサイトから商品やサービスを購入しているケースも珍しくありません。

コーディング代行業者もそのあたりのニーズの変化を敏感に読み取り、シニア世代にとっても見やすく、なおかつ使いやすいウェブサイトの設計を心がけています。また、年齢層が高まればSEOのメインキーワードも変わってきますので、企業のほうも定期的にアクセス解析を行い、ページビューが落ち込まないようにする必要があります。